井上新太郎展

主催:「井上新太郎展」実行委員会
後援:創形美術学校 創形美術学校同窓会  協力:館林市教育委員会文化振興課

2005.11.22−30
ガレリア・プント
 

    
  

高山登先生から寄せられたメッセージ

 「何かを表現することをやめること、画面を純粋に物質or行為の出会いの場とすること」

生前、井上氏が美術行為に対して考えていたことである。彼は日常の世界の前に立ち、存在のあやうさから、再度世界からの距離を絵画を通して考えていたように思われるが志半ばにして、惜しまれてこの世を去った。今ここに再度彼の画業を見ようと企画されたものである。「反り」「顕れ」等の作品が並べられると聞く。これらの作品は「個別的な事物が、私に対して顕れてくる自律的で特殊な成り立ちを様として表面としてとらえられる事。事物に内在するものの内在という外部を露呈させようとする試みです」と述べている様に、静かな表象の中に内在という生命を感じとれる、美しくも悲しくも響きわたる優れた仕事であった。二十数年ぶりに彼の作品にあえる事を楽しみにしている。

                      (2005年10月3日 美術家 高山登)

  

自画像
キャンバスに油彩
41×32
作品(今回の展示内容とは異なるものもあります)
 


1974(木・炭酸カルシウム+アクリル)
40×32×20
木・炭酸カルシウム+アクリル
44×30.5×2.3
     


1980(木・アクリル+顔料+黒鉛+膠)
76×115×4.5

1978(木・アクリル+顔料+黒鉛+膠)
36×36×4.3
     
1974 作品1(木製パネル・胡粉下地・蜜蝋) 1974 作品1(麻布・蜜蝋)
117×91×2.1 F100
  
以上「井上新太郎作品集」から   
 オープニング風景
 

 

同窓会の活動報告等も同時に行われました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高澤先生が来られました。

 

同窓会の現会長と前会長です。

 

 

 

 

 

藤山校長のご挨拶。